以前ご紹介した洲本の「和楽」さん。この夏も行ってきました!
今夏のメニューをご紹介します。

以前の紹介記事はこちら(お店紹介「和楽」)


淡路島 (えるまがMOOK リシェ別冊)
京阪神エルマガジン社
2017-05-11



淡路島の中心街、洲本の商店街にある「和楽」さん。
カウンターと座敷が三部屋ほどある、落ち着いた雰囲気のお店です。

KIMG1535


昨年の夏、初めて行ってみてその美味しさに驚愕!!「何で今まで見逃していたんだろう…」と自分の未熟さ(?)を痛感しました(^^;)。

そんな「和楽」さんのお料理。淡路島の高級リゾートホテルの料理長だったご主人が、その腕前を存分にいかした品々を提供してくれます。


今回の突き出しはウニとゴマ豆腐でした。
今まではウニと湯葉が多かったのですが、常連になりつつあるせいか、一味変わった品が出てきました。ゴマの風味が強すぎず、とてもあっさりとした一品。

KIMG1537


次はおなじみの椀物です。京都の料亭のような味わい深さ。
やはり夏らしく、ハモが入っています。

KIMG1538


次は旬の魚が楽しめるお造り。
今回はタイやヒラメ、カンパチなど。やはりこういうお店はきちんと熟成させているのでしょうね。ひとつひとつのお刺身がとても味わい深いです。

ちなみに今回一番おいしかったのは…イカ。(いえ、けっしてイヤミではありませんよ)
鮮度が失われやすいイカですが、サクッとした歯ごたえと、臭みなどまったくないイカの風味が絶品なんです! 
都会の高級なお店でどれだけお金を出しても、この味はなかなか味わえないだろうなあ…(行ったことないくせに言ってます(^^;))

KIMG1539


お次は焼き物。鰆のカマ(?)の部分です。切り身でないところを出すのがさすがですね。
「魚の身で一番おいしいのは骨の周りの部分だ」と、かの和の鉄人、道場六三郎氏も言っておられました。もちろん火の通し加減は申し分ありません。

ちなみに右下に映っているオレンジ色のものは、口子(くちこ:ナマコの生殖巣)です。
高級珍味として知られ、これだけを作るのに十数キロのナマコが必要だとか。
私も初めて食べましたが、濃厚な旨味が口いっぱいに広がりました。

KIMG1540



今回も魚の煮付はオコゼでした。ゼラチンのうまみを堪能できます。
何度も食べているのに、まったく飽きのこない味です。

KIMG1541


昨年は絶品のハモの湯引きが出たのですが、今回は残念ながら…
通常のお任せコースだったからかもしれません。ハモのコースを最初から頼んでいれば味わえたのかも…
でもハモ以外の食材も味わいたいしなあ…悩ましいところです(^^;)
KIMG0775


今回も出ました、淡路牛!
魚だけでなく、お肉も楽しめるのがこのお店の魅力です。

KIMG1542


今回のご飯物はなんとハモご飯!
ハモのお寿司は淡路島ではよく聞くのですが、ハモの炊き込みご飯はあまり見ないですね。
香ばしいハモの風味を存分に味わえます。

KIMG1543


〆のお味噌汁とお漬物といっしょにいただきます。

KIMG1544


今回のデザートはわらび餅でした。このお店のデザートは洋風が多いので、和のデザートは初めてです。
管理人はきなこがあまり好きではないのですが、香りがあまり強すぎず、あっさりといただけました。

KIMG1545



今回も美味しくいただきました。期待を裏切らないおまかせコース(1万円)です。

前にも書いたように唯一心残りだったのが、ハモの湯引きが食べられなかったこと。
この夏の間に、もう一度予約を入れようか…多分入れると思います(笑)

ご主人はその時に一番美味しいものを用意してくださるので、できれば飛び込みではなく(一品料理もありますが)、予約をして訪れることをおすすめします。

以前の紹介記事はこちら(お店紹介「和楽」)


(周辺情報)
お店の近くには「夢海遊 淡路島」や「海月館」などの宿泊施設が多数あります。
15~20分ほどかければ、お店には歩いてでも行けます。

夢海遊や海月館の宿泊者は無料で自転車を貸してもらえるので、「歩くのはちょっと…」という方はこちらのご利用をおすすめします。