淡路島のお店紹介、今回は志筑にある「春夏秋冬いし井」さんです。

いし井外観
(外観のいい写真がありませんでした(^^;) 今度行ったときに撮りなおします)

こちらのお店、近所にある気さくな居酒屋さん、といった たたずまいです。
お店に入ると観光客よりは、近所の家族連れの方が多いような…

しかし、だからといって侮るなかれ。こちらのお料理、京都の料亭で修業されたご主人(一見、そうは見えないのですが…ゴメンナサイ!)の味に対するこだわりが溢れています(^^♪

淡路島 (えるまがMOOK リシェ別冊)
京阪神エルマガジン社
2017-05-11


では、料理を紹介していきます。何回か訪れた時の料理がまざっていますが、一部を除いて5000円程度のおまかせコースのものです。


KIMG0404
キュウリとアナゴの磯部巻きです。焼いたアナゴが香ばしくていいですね。

KIMG0403
お造りです。こちらのご主人、淡路島産に限らず全国からおいしいものを集めておられます。
地元のお客さんが多いので、淡路島産ばかりだとかえって飽きられてしまうのかもしれませんね。
もちろん、最近希少価値の高い由良産の赤ウニなど、淡路ならではのものも味わえますよ。

KIMG0407
こちらのお店の看板メニュー(?)ともいうべき、とうもろこしまんじゅう。
とうもろこしと葛をあわせたものを茶巾状にして油で揚げ、ダシをかけたものです。
このダシのうまさは絶品!管理人の子どもは店に行くと、必ず2個注文するほどです(^^;)

KIMG0405
淡路島でよく見かける大アサリ。

KIMG0908
別の日にはこんな貝も出ました。「すだれ貝」だったかな?
とても彩の美しい貝ですね。こんな珍しいものも食べさせてくれます。

KIMG0910
金目鯛のから揚げ。煮つけにもしてもらえますよ。
写真にはないですが単品メニューもあって、のどぐろなどの魚も食べられます。
のどぐろの煮つけも食べましたが、最高でした!

KIMG0380
ジャンボカキフライです。岡山県日生産のカキは熱を加えても縮まないのだとか。
プリップリで、食べ応え十分の一品でした。

次は〆のメニュー。
まずはアナゴご飯。こちらも香ばしさが引き立つ一品です。
KIMG0408

別の日にはこんなのも出ました。
秋田の稲庭うどんです。モチモチの食感と のど越しがたまりません!
KIMG0409

お寿司も注文できます。
他のお寿司屋さんにも決して引けを取らない、抜群のクオリティです。
KIMG0378

写真がないのですが、ゆずシャーベットなどのデザートもちゃんと出ますのでご安心を。fruit_yuzu


こちらのお店、冬になると三年フグのコースも注文できます。
決して高くない値段なのに、フグ料理を本当にお腹一杯楽しむことができました(^^)
一部のメニューは冬のおまかせコースでもいただけますよ。
KIMG0406


全国のおいしいものを味わえるこのお店。印刷されたメニューはなく、いつも小さなホワイトボードに手書きの文字で料理名が並んでいます。その時においしいものを食べさせよう、というご主人の心意気なんでしょうね。

管理人はビールと梅酒ぐらいしか飲まないのでよくわかりませんが、日本酒や焼酎もいいものを揃えておられるそうです。
いし井お酒


いいものを揃えておられる分、一品一品を別々に注文すると少し値が張りますので、リーズナブルなおまかせコースをおすすめします。
管理人は5000円ぐらいのコースが多いですが、予算によって内容を変えてくれますので電話で相談されてもいいかも。

あと淡路島の個人経営のお店では、カードが使えないところがよくあるのですが、こちらのお店はクレジットカード対応可なので、そこもポイント高いですね(*^_^*)


(周辺情報)
お店から車で5分程度のところに、「アテーナ海月」があります。

周辺には大きなホテルはあまりありませんが、車で10~15分の範囲にペンションがいくつかあります。帰りに運転代行を頼むと、2000円ほどで帰れるのでアルコールを飲まれる方はご利用を。