志筑にある「春夏秋冬いし井」さん。今夏もお邪魔しました!


KIMG1782

KIMG1784

(やっと外観の写真が撮れました。玄関のドアが新しくなってましたね。)

近所にある気さくな居酒屋さん、といった たたずまいのこのお店。
相変わらずご近所の皆さんで賑わってました。


前回の紹介記事はこちらです。 (お店紹介 「春夏秋冬いし井」)


今回のお料理も、京都の料亭で修業されたご主人(一見、そうは見えな…いえいえ、何でもありません)の味に対するこだわりが溢れてました(^_-)-☆

淡路島 (えるまがMOOK リシェ別冊)
京阪神エルマガジン社
2017-05-11


では、料理の紹介です。今回も一部を除いて5000円程度のおまかせコースのものです。

KIMG1786
最初は冷やし茶わん蒸しでした。上にかかっているダシが絶品!
やはりご主人の腕は確かですね。

KIMG1788
今回のお造りです。マグロにイカ、そして炙り鱧ですね。

そして最近、希少価値の高い由良産の赤ウニも置いてあるので、こちらは追加注文しました。
KIMG1789


KIMG1790
でました!こちらのお店の看板メニュー(?)、とうもろこしまんじゅう!
とうもろこしと葛をあわせたものを茶巾状にして油で揚げ、ダシをかけたものです。

こちらのダシのうまさも絶品!管理人の子どもは店に行くと、必ず2個注文していましたが今回は1個で満足してました。大人になったのでしょうか…?

KIMG1791
淡路島でよく見かける大アサリの殻焼きと クラゲの酢の物。
クラゲというとコリコリ固いというイメージですが、こちらはとても柔らかです。

こちらのご主人、クラゲが捕れる季節に大量に仕入れて、下ごしらえをおこなうそうです。
手間暇を惜しまない仕事ぶりがうかがえますね。

KIMG1794
北海道は厚岸(あっけし)のカキのバター蒸し。

KIMG1795
大きなカキの身がプリップリで食べごたえ十分です!

KIMG1796
この時期の淡路島の名物、鱧と玉ねぎの「ハモすき鍋」です。
あまりグツグツ煮こむとせっかくの淡路の鱧が台無しになるので、管理人は鱧をさっと煮ていただくようにしています。

KIMG1797
一見、ただのイクラご飯ですが、イクラの一粒一粒がプチプチはじけて、これがなんとも…(^^♪

普通のイクラではなく、筋子(すじこ)の状態から取り出して処理するのだそうです。
ここのご主人、やはりこだわり派です(^^;)

KIMG1799
先ほどのハモすき鍋に淡路島そうめんを入れたもの。
手延べそうめんはコシが強くて、鍋にぴったりですね。

KIMG1800
前回は写真がありませんでしたが、デザートのゆずシャーベット、今回もちゃんと出ましたよ。


日本酒や焼酎もいいものを揃えておられるそうなので、棚の写真を撮ろうと思いましたが、お盆明けでお酒の瓶がかなり減っていたので、今回は断念。また次回に…


全国からいい食材を揃えておられる分、一品一品を別々に注文すると少し値が張りますので、今回ご紹介した、リーズナブルなおまかせコースをおすすめします。

管理人は5000円ぐらいのコースが多いですが、予算によって内容を変えたい方は電話でご相談を。

淡路島の個人経営のお店では、カードが使えないところがよくあるのですが、こちらのお店はクレジットカード対応可なので、そこもポイント高しですね(*^_^*)


(周辺情報)
お店から車で5分程度のところに、「アテーナ海月」があります。

周辺には大きなホテルはあまりありませんが、車で10~15分の範囲にペンションがいくつかあります。帰りに運転代行を頼むと、2000円ほどで帰れるのでアルコールを飲まれる方はご利用を。