淡路島のお店紹介。今回は管理人が初めて訪れた、洲本の「金鮓」です。

淡路島の中心街、洲本の商店街をぬけたところにある厳島神社。
その厳島神社の裏側に回り、少し歩いたところに「金鮓」があります。

金鮓

見るからに高級そうな外観。周りが普通の住宅や団地だけに、少し不釣り合いに感じるほど。

それもそのはず、こちらのお店、淡路島では高級なお店として有名で、会社の接待などでもよく使われるのだとか。突然芸能界を引退した、島田紳助氏御用達の店としても有名です。


淡路島 (えるまがMOOK リシェ別冊)
京阪神エルマガジン社
2017-05-11



そんな「金鮓」さんですが、今夏やっと訪れることができました。
どんな店であれ、やはり自分の目と舌で確かめてみないと…

そんな「金鮓」さんのメニュー、最初は定番の伊勢海老のサラダからスタートです。

KIMG1807
伊勢海老を贅沢に使った、食べ応えのある一品。最初から期待が高まりますね。


KIMG1809
先付けの数々。アワビやイクラ、卵にゴマ豆腐など、いろいろと楽しめます。
見た目も上品ですね。


KIMG1810
「金鮓」らしく、金の器に入ったお造り。
ウニやタコ、白身魚など、旬の味をぎゅっと凝縮した感じです。


KIMG1812
カウンター正面に置いてある、今日の食材。写真では見えにくいですが、大きな氷の上に置いてあります。
来店が遅かったせいか、食材があまりない…(^^;)
最近、あまり見かけなくなった大きなウナギが目を引きました。


KIMG1813
煮物椀です。淡路の鯛の美味しさは言うまでもありませんが、たくさんの野菜が添えられているのがうれしいですね。


KIMG1814
ここでお寿司が出ました。鯛と最近なかなか口にできないウナギです。


KIMG1815
出た、伊勢海老のから揚げ!

殻までパリパリと食べられる、満足の一品です。
伊勢海老でお腹いっぱいになるという、とても貴重な体験が味わえますよ。


KIMG1816
再びお寿司です。イカやヒラメも味わい深いです。


KIMG1817
〆のいなりずし。油揚げの裏側が見えている、手作り感あふれる一品です。
味付けも上品でしたよ。


KIMG1818
デザートはメロンのシャーベットでした。
デザートまで高級感が漂ってますね(^.^)


今回のコースは9000円のものでした。(コースは6000~10000円)

品数を見ると少ないようにも見えますが、伊勢海老の唐揚げなどボリュームのあるメニューも多かったので、なかなかの満腹感でした。


口コミ情報では厳しい批評もあるようですが(伊勢海老がパサパサだ…など)、今回のメニューではそのような不満は感じませんでした。季節やコースの値段によるのかも知れませんね。

お店の建物は高級感あふれてますが、おかみさんはとてもざっくばらんでフレンドリーな方でした。それほど肩肘張った感じではないな、というのが管理人の印象です。

淡路島で少し高級感を味わってみたいという方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。


(周辺情報)
お店の近くには「夢海遊 淡路島」や「海月館」などの宿泊施設が多数あります。
15~20分ほどかければ、お店には歩いてでも行けます。

夢海遊や海月館の宿泊者は無料で自転車を貸してもらえるので、「歩くのはちょっと…」という方はこちらのご利用をおすすめします。