クラス名簿を簡単に作成するためのExcelファイルです。
名簿に入力が完了すると、成績管理などに欠かせない名列表や、図工作品用名前札、さらには年度末にクラス編成を行うための組分け用個人票も自動作成されます。

名簿ファイル1


1 クラスの住所録を簡単作成

クラスの住所録を簡単に作成できるエクセルファイルです。地区名や郵便番号をあらかじめ設定し、クリックして入力したあとは、番地などを打ち込めば住所録が作成できます。
 通常のエクセルファイルなので新たなソフトのインストールは必要なく、エクセルが使えるパソコンならどこでも、だれでも使うことができます。
最小限の作業で住所録だけではなく、普段の公務に役立つ書類が作成できるようになっています。ぜひご活用ください。

ダウンロードはこちらから。(各ファイルには文書を開くためのパスワードが設定されており、初期設定値は「1」です。)

名簿ファイル
名簿ファイル並べ替え有
名簿ファイル 並べ替え有 - 見本



ファイルの画面が開いたら、右上のダウンロードマークをクリックしてファイルをダウンロードしてください。ダウンロードはパスワードなしでもできますが、ファイルを開くときにはパスワード「1」の入力が必要です。
(GoogleスプレッドというExcel互換のソフトが開きますが、そのままではうまく使えないようです)

ダウンロード


2 自分のクラス・学校に合わせた住所録を作成できる

 校区内の住所やクラス名は学校によって様々ですが、このファイルは多様な地区名やクラスの名に対応しています。住所を一つ一つ入力するのは手間ですが、通常の小学校であれば地区名は5種類程度に分けられますので、それらをあらかじめ登録し、クリックで入力すれば住所録を素早く作成できます。クラス名も1組・2組…だけでなく、A組・B組…や、い組・ろ組…といったものにも対応できます。

名簿ファイル2

3 住所録データの利用

住所録のデータを利用して、次のようなものが作成できます。


 ・クラスの名列表を作成できる

 「連絡名簿」のシートに入力した子どもの氏名を利用して、名列表を作成できます。サイズはA4とB5で、ノーマルなものと網掛け入りのものがそれぞれ用意されています。

名簿ファイル9

 ・組分け個票が作成できる

 「連絡名簿」のデータを利用して、年度末にクラス分けを行うための個票を作成できます。この個票は男女や旧クラス、地区名を色分けで表示できるので、効率的にクラス分け作業が行えます。
(組分け個票は4クラスまでしか対応していません。クラス数が多い場合は、ファイルを複数に分けて個票を作成してください。)

名簿ファイル5

 ・図工名札を作成できる

「連絡名簿」のデータを用いて、図工の絵画などに使う名札を作成できます。名札はひらがな表記、漢字にふりがな入り、漢字表記と3種類用意されています。

名簿ファイル6

4 パスワードの設定について

子どもの個人情報の扱いには十分な注意を払わなければなりません。このファイルにはファイルを開くためのパスワードが設定されています(初期設定値は「1」です)住所や電話番号を入力した後は手順に従ってパスワードを変更し、第三者がファイルを開けないようにしてください。
 ただしこのパスワードは100%の安全を保障するものではありません。個人情報の管理はくれぐれも慎重に行ってください。

1. 「名前を付けて保存」を選択し、ウィンドウの下部「全般オプション」をクリックする。
名簿ファイル7

2. 「読み取りパスワード」の欄に新しいパスワードを入力し、「OK」をクリックする。「パスワードの確認」でもう一度同じパスワードを入力し、「OK」をクリックする。
名簿ファイル8

5 ファイルの種類(「並べ替え用」シート入り)について

 新しいクラスを編成して最初にすることは、五十音順に氏名を並べ替えることです。このファイルの「並べ替え用」シートは、マクロによって子どもの氏名を五十音順に並べ替えることができます(ふりがなを正確に入力する必要があります)。

ただしこのシートはマクロを含んでいますので、マクロが使用できない環境にある場合は、「並べ替え用」シートなしのファイルを使用してください。

名簿ファイル』(xlsx)→「並べ替え用」シート(マクロ)なし

『名簿ファイル 並べ替え有』(xlsm「並べ替え用」シート(マクロ)あり

名簿ファイル10


※校区が広い場合の郵便番号について

 私立校など校区が広い学校の場合、地区名を「世田谷区」や「横浜市」のように入力することも可能です。その場合、郵便番号を対応させるのが困難ですので、「連絡名簿」の郵便番号欄から関数を削除し、郵便番号を直接入力してください。
 この作業を可能にするため、郵便番号欄には「シートの保護」がかかっていません。誤って関数を削除しないように気をつけてください。