管理人が大好きな、淡路島のおススメ店の紹介です。

淡路島 (えるまがMOOK リシェ別冊)
京阪神エルマガジン社
2017-05-11



記念すべき第一弾は、淡路島のほぼ中央の志筑にある「三代目よし」さん。
しばらく訪れる機会がなかったのですが、先日久しぶりに訪問しました。

KIMG1407
こちらはホテル「アテーナ海月」。一見、和食のお店などなさそうなのですが…


KIMG1408
ホテルの入口を入って右に進むと、奥にこのようなドアが見えてきます。
中はカウンターが4席、テーブル席が8人分ほどの小さなお店です。


KIMG1409
この日は5月中旬でしたが、淡路島では早くもはしりの鱧が出されました。
淡路島ではこれからが鱧の最盛期です。


KIMG1410
同じく、はしり鱧です。淡路は由良の太モズクとアワビのコラボ。


KIMG1411
ナスのオランダ煮(?) 一見普通の料理ですが、想像以上に手間をかけておられます。
とてもあっさりとした一品。


KIMG1412
お造り。この日は鯛でした。お頭を見せていただきましたが、かなりの大物でした!


KIMG1413
こちらの鯛はポン酢でいただきました。熟成させた鯛の甘味がなんとも…


KIMG1414
トリュフに濃い口しょうゆを合わせた汁物。と書くと、フツーに聞こえるのですが、この料理がまさに絶品!
中には白ねぎと淡路島玉ねぎが入っていて、その味わいの深さに、思わず唸ってしまいました。


KIMG1415
こちら何と、鰆の卵巣でつくったカラスミだそうです。鰆は傷みやすい魚なので、神戸や大阪では大抵、火を通した料理ばかりですよね。
鰆の刺身や内臓が食べられるのも、淡路島の魅力です。


KIMG1416
椀物の鯛そうめん。淡路島では少量ながらそうめんも生産されています。
昔ながらの製法で作られたそうめんは、コシがあって美味!


KIMG1417
この日は鯛がメインでした。揚げた鯛のあんかけです。


KIMG1418
茶碗蒸し。あんが上にのっていて、その下に淡路で有名な「北坂たまご」の茶碗蒸しが隠れていました。あんの絶妙な味加減が最高です!


KIMG1420
ここからご飯物に突入!この日はなんと2種類用意されていました。
まずはワタリガニの雑炊。見てください、このビジュアル!


KIMG1421
カニの味は濃いけれども、全体としてはあっさりとした上品なお味でした。
ワタリガニの風味が存分に味わえました。(もっとたくさん食べたかった…)


KIMG1422
お口直し(?)の数の子。


KIMG1423
ご飯物第2弾。先ほどの鯛を使った鯛めしです。ごまの香りがとても香ばしい!


KIMG1424
一杯目は普通に炊き込みご飯として。


KIMG1425
二杯目は鯛茶漬けとしていただきました。同じ料理ながら、いろいろな味で楽しませてくれます。


KIMG1426
デザートはイチゴのジュース(ピューレ?)。春先の淡路島はイチゴがたくさん採れます。
新鮮なイチゴの甘さをカクテルのように味わえました。


KIMG1427
最後はお抹茶でさっぱりと。ご主人自らが点ててくださいました。


久しぶりの訪問でしたが、「さすが!」の一言でした。
今回のコースは1万円でしたが、これだけの内容なら十分ではないでしょうか。

こちらのお店、今のところ完全予約制で予約すればランチをいただくことも可能です。
最近、芦屋にあるお店と掛け持ち営業をされているそうで、こちらも予約制だとか。(こちらは夜のみ)
機会があったら、今度は芦屋のお店にも行ってみたくなりました。


(周辺情報)
ホテル「アテーナ海月」の1Fにあるお店なので、お酒を飲んだらそのまま上の階に泊まれます(笑)。
周辺には他にあまり大きなホテルなどはありません。車で15~20分ほどの距離にペンションなどがいくつかありますので、お酒を飲まれる場合は運転代行を予約しておくと2000円ほどで帰ることができます。


淡路島Walker2018-19 ウォーカームック (ウォーカームック)
淡路島Walker2018-19 ウォーカームック (ウォーカームック)