淡路島お気に入りのお店紹介、第3弾です。

淡路島 (えるまがMOOK リシェ別冊)
京阪神エルマガジン社
2017-05-11



今回のお店は淡路島の中心街、洲本の商店街にある「和楽」さん。
カウンターと座敷が三部屋ほどある、落ち着いた雰囲気のお店です。

KIMG1535


実を言うと去年の夏、他の店の予約ができず、代わりを探していて見つけたのがこのお店でした。
私は毎年、淡路島のハモを別のお店でいただくことにしているので、他のお店にはなかなか足を運ばなかったのですが、初めて行ってみてその美味しさに驚愕!!「何でもっと早く来なかったんだろう…」と悔やむことしきりでした(^^;)。

そんな「和楽」さんのお料理。淡路島の高級リゾートホテルの料理長だったご主人が、その腕前を存分にいかした品々を提供してくれます。
(以下の料理は、夏と秋に訪れたときのものです)


突き出しはウニと湯葉の一品、のはずが写真がない…(+_+)
美味しさについ取り忘れたようです。今度行ったら、アップします。

次に椀物です。季節の真薯(しんじょ)の入ったお吸い物ですが、ダシの味わい深さはまるで京都の料亭にいるような…
こちらはハモ入りの夏の椀物です。
KIMG0773

こちらは秋の椀物。秋らしくマツタケが入っています。
KIMG0987

次はお造りです。旬のお魚が楽しめます。
こちらは夏の方で、エビやヒラメ、中央はハモだったと思います。カンパチの幼魚(シオだったかな?)もありました。
一つ一つの魚の美味しさがきめ細かに味わえます。
KIMG0774

秋のお造りはこんな感じです。季節の伊勢海老がなんとも豪華!
KIMG0988

魚の煮付はオコゼでした。身がホロっとくずれる絶妙の仕上がり!
KIMG0776

こちらはハモの湯引き、と書くと平凡ですが、その美味しさはまさに絶品!!!
一見、生のようにも見えますが、やわらかく火が通してあり、半生状態とでも言うのでしょうか。とにかく、今までの人生で最高に美味しいハモ料理といっても過言ではありません!
もちろん、今年も味わわせていただくつもりです(^.^)
KIMG0775

少しテンションが上がりすぎたところで、焼物です。
こちらは秋のサワラです。もちろん火の通し加減は申し分ありません。
ある板前さんの言によれば、春に美味しい魚は秋も美味しいのだそうです。
サワラが美味しいのも納得ですね。
KIMG0989

お魚だけではなく、お肉も出てきますよ。
淡路牛と淡路玉ねぎのローストは黄金の取り合わせ。
和だけではなく、洋でも楽しませてくれます。
KIMG0992

〆のご飯物。タコ飯やジャコ飯がよく出るそうですが、これはマツタケご飯。マツタケがこれでもか!というほど入っています。
KIMG0993

こちらは〆のお味噌汁。こちらも伊勢海老がドーンと入っています。
KIMG0994

最後にとても素敵なデザートが出てきました。シャンパングラスの中にフルーツが…
どこかの高級レストランみたいですね。
KIMG0777

別の日のデザートは梨のコンポート。こちらもすっきりとした一品でした。
KIMG0996


どちらも1万円のコースでした。8000円のコースもありますが、こちらは椀物がつかない内容になります。

また別の機会にご紹介しますが、冬はフグ料理のコースもあり、上品なフグ料理を余すところなく味わうことができました。ただし、フグ料理は前日までに予約が必要です。

ご主人はその時に一番美味しいものを用意してくださるので、できれば飛び込みではなく(一品料理もありますが)、予約をして訪れることをおすすめします。


(周辺情報)
お店の近くには「夢海遊 淡路島」や「海月館」などの宿泊施設が多数あります。
15~20分ほどかければ、お店には歩いてでも行けます。

夢海遊や海月館の宿泊者は無料で自転車を貸してもらえるので、「歩くのはちょっと…」という方はこちらのご利用をおすすめします。


淡路島Walker2018-19 ウォーカームック (ウォーカームック)
淡路島Walker2018-19 ウォーカームック (ウォーカームック)